トップページ > ブログ > 取材・告知 > 千日回峰行 比叡山 天台宗

千日回峰行 比叡山 天台宗

静岡伊豆の墓石屋 鈴木です。

先日のニュースで比叡山延暦寺ー山善住院住職 釜堀浩元さんが千日回峰行を万行し「北嶺大行満大阿闍梨」となったそうです。

千日回峰行とはどんな荒行なのか調べてみるととんでもない荒行でした。

7年間にわたって行う荒行で、1年目から3年目までは年に100日、4年目から5年目は年に200日、約30キロを平均6時間で巡拝します。

一日の工程としては

まず、無動寺で僅行(お経を唱える)のあと、深夜2時に出発して比叡山にある東塔、西塔、横川、日吉神社など260か所で礼拝するそうです。

そして5年700日を万行すると最も過酷とされる『堂入り』と呼ばれる行に入ります。

『堂入り』は無動寺明王堂で足かけ9日間(丸7日半ほど)にわたり、その間 断食・断水・断眠・断臥の4無行に入ると言う事です。

堂内では行者は不動明王の真言「ノウマクサンマンダバサラダンセンジャウンタラタアカンマン」を10万回唱え続けるます。

飲まず食わず眠らず伏せずの4行を行い『堂入り』満了(堂さがり)すると、行者は生身の不動明王ともいわれる阿闍梨となるといわれます。

さらに6年目にはこれまでの行程に京都の赤山禅院への往復が加わり、1日約60 km の行程を100日続け、

7年目には、はじめの100日は全行程84 km におよぶ京都大回りを行い、後半の100日は比叡山中30 km の行程を行い満了となるそうです。

とても普通の人間には出来そうもない行を行うようです。

釜堀浩元さんは戦後13人目の満行者だそうです。なかには酒井雄哉(さかい ゆうさい)氏のように2回も万行された方もいるそうです。

千日回峰行の行者さんはとても奇妙な笠をかぶっているのですが調べてみるとあの笠は開花前の未開の蓮華の葉をかたどっているらしいです。

蓮華とは悟りをひらいた仏さまが載っているものです。

まだ、修業中の行者さんは悟りを開く前の蓮華をかぶって行に打ち込むのでしょうね。

まだまだ、この世の中にはとてつもない行があるなあと感心している今日です。

 

▲ PAGE TOP