トップページ > ブログ > 知って得するお墓の情報 > 生前にお墓を建てるなんて縁起が悪いのでは?

生前にお墓を建てるなんて縁起が悪いのでは?

静岡 伊豆の墓石屋鈴木です。

生前にお墓を建てるなんて縁起が悪いのではないのですか?という質問をいただきました。
お墓参りに行ったときに、墓地の中で刻まれた文字の中に赤色や朱色が入っているお墓を目にしたことがあると思います。実はそのお墓は寿陵といって、お施主様が生前にたてられたお墓なのです。生前に自分のお墓を用意するって縁起が悪いのでは?といった話をお聞きになったことがある人もいるかもしれません。しかしそれは迷信なのです!寿陵は昔から縁起のいいものとされているんです。そこで『寿陵』の歴史と、知って得する生前にお墓を建てる寿陵墓の利点をみなさんにご紹介させていただきます。

寿陵とはもともと中国ではじまったものですが、日本でもその歴史は古く聖徳太子伝歴の中で聖徳太子が生前に自らのお墓を作ったという記録が残っているのです。また寿陵の『陵』は「みささぎ」「はか」と読みます。中国では古くから皇帝の墓という意味でつわれてきました。日本でも昔から天皇の墓を「御陵(ごりょう)」と呼んでいるなど歴史と深い関わり合いがあるのです。

生前のお墓「寿陵墓」の利点は、まずは『縁起が良い』ということです。そして、『ご自分が納得できるお墓ができる事』さらに『お子さんなどの世代に負担がかからない事』などがあります。

『寿陵』は中国ではもちろん日本でも昔から長いきができ、その家族に果報を招き寄せる縁起がいいものとされています。具体的に言うと「長寿」のほかにも「子孫繁栄」や「家内円満」をもたらすと言い伝えられています。祝い事を表す寿(ことぶき)の漢字が使われていることからも縁起がいいとされている訳が分かりますね。
また、「身内で誰か亡くなり、急いでお墓を建てなくては」となった時でも、お墓が建つまでには墓地の場所を決めることから始まり、デザインを考え、そして石材の加工や設置なそ工事期間に至るまで、たくさんのことを考え検討していく時間が必要にです。しかし、早くご遺骨を納めたいというあせりから、納得のいく時間をかけずにお墓を建ててしまい後から後悔してしまうということも考えられます。また、生ているうちににこんなお墓がいいと家族に伝えてあっても、その通りに実現できるかも分かりません。寿陵墓であれば、じっくりと時間をかけることができますので、墓地の場所からお墓の建立まで、ご自分の理想のお墓を建てることができるのです。
また、近頃では縁起が良いという理由だけでなく、子供や子孫に迷惑や負担をかけたくないという思いから、寿陵墓を選ばれる方も多くいます。お墓が必要になったときにはお墓の費用も用意をしなければなりません。しかし、事前にお墓を準備しておけば子供たちに負担がかかってしまうのではないかというような心配もなくなります。さらに、お墓は相続の対象にはなりませんので、不動産所得税・固定資産税もかからないという利点もあります。

▲ PAGE TOP