トップページ > ブログ > お墓ができるまで > 静岡県伊豆市お墓の改修工事 その3

静岡県伊豆市お墓の改修工事 その3

静岡伊豆の墓石屋 鈴木です。
お盆前の7月に施工した伊豆長野地区での改修工事のレポートのその第三話です。

カロートの中に赤土を敷き詰めて次に石碑の乗る芝台をモルタルと弾性接着剤を使用して据付ます。

水平器やオートレベルで高さを調整しながらで石を据えていきます。

続いて石碑を据付けようと思いましたが石碑を据え付ける前に墓地横の石垣のコケをそぎ落として清掃致しました。

さて、石碑本体を据付けに入ります。今回石碑の据え付けには弾性接着材の中で最も優れている『ストーングリップ06』と、ブチルゴムを原料とした免震ゴ
ムの『ソフトファスナー』を併用致しました。さらに竿石には免震用シリコンパット『絆』を使用しより免震性を高めてあります。(地震による揺れを逃がし
倒壊を防ぐため)

石碑の中台を石材専用の弾性接着剤『ストーングリップ』を使い据え付けます。

まず水平や前後左右の位置を見ながら中台を据え付けます。

中台と同じように上台を石材専用の弾性接着剤『ストーングリップ』を使い据え付けます。

そして、竿石を石材専用の弾性接着剤『ストーングリップ』とブチルゴムを原料とした免震ゴムの『ソフトファスナー』、免震用シリコンパット『絆』を使い
据え付けます。

水平と前後左右の位置を見ながら据え付けます。

石碑の据付完了です。

▲ PAGE TOP