トップページ > ブログ > お墓ができるまで > 静岡 伊豆の墓石屋 何に使用する道具でしょう?

静岡 伊豆の墓石屋 何に使用する道具でしょう?

静岡 伊豆の墓石屋 鈴木です。

問題です。

バール(くぎ抜き)大 小 、のこぎり、カッター、ハンマー

、ガムテープ、鋼のクサビ、霧吹きに入っている洗剤

これらの道具はいったい何に使うのでしょうか?

???

正解は石碑の取り外しの道具です。

石碑を取り外すのに木工用ののこぎりやカッターをどう使うかはこれから画像とともに説明します。

現在は石碑の取り付けにほとんどの墓石屋さんが弾性接着剤(ゴムのように柔軟性がある接着剤)を使用します。

以前はセメントノロ(セメントを溶いたもの)やモルタル(セメントと砂を混ぜたもの)で設置してあったので

プラスチックハンマーなどで衝撃をあたえれば外れました。

しかし、現在多く使われている弾性接着剤は衝撃を吸収してちからを逃がしてしまします。

なので衝撃をいくら与えても外れません。

そこで、石材と石材の結合部を鋼のクサビなどで徐々に隙間をあけていきます。

そして、そして木工用ののこぎりなどで接着剤を削り取って行くのです。

こんな感じで取り外していきます。

まずはカッターナイフなどで目地のシーリング材を切りとります。

次に石碑をガムテープなどで養生します。(マスキング)

クレーンなどで吊って目地部分に隙間をつくるか鋼のクサビを使用して隙間をつくります。

この時は慎重に進めないと石が欠けます。

そしてのこぎりを使って手探りで接着剤の付いているところを確かめながら切断していきます。

のこぎりで切断しながらくさびを打ち込みます。

(この時のこぎりの滑りが悪い時は洗剤の薄めたものを霧吹きで塗布します。)

この作業を交互にそして慎重に繰り返していきます。

最後にバールなどで持ち上げれば取り外すことができます。

以上が石碑の取り外し作業工程です。

もし、石碑を移転したいとお考えの方は鈴木石材店まで御相談ください。

相談は無料です。

電話番号はフリーダイヤルです。

『0120-936-148』までお気軽にどうぞ

▲ PAGE TOP