トップページ > ブログ > その他 > 静岡 伊豆の墓石屋 石碑に洗浄剤を塗布していきます。

静岡 伊豆の墓石屋 石碑に洗浄剤を塗布していきます。

静岡 伊豆の墓石屋 鈴木です。

今日は午後1時過ぎに雨も完全にあがりました。

息子と二人で現在クリーニングをしている伊豆の国市大仁共同墓地の石碑に
洗浄剤を塗布してきました。

アルカリ性の石材専用の洗浄剤を霧吹きで塗布していきます。

この水色の液体が洗浄剤です。

洗浄剤を塗布すると頑固に乾燥して固まった苔が化学反応を起こし分解されていきます。

アルカリ性なので石材を痛めません。

酸性の洗剤は汚れはよく落ちますが石材の表面を溶かしていくのでツヤがある石材はツヤがなくなるのでやめましょう。

この洗浄剤は素手で使うを手がつるつるします。

洗剤の成分が手に着いたのだと思っていましたが違うようです。

人間の肌は弱酸性なので皮脂が溶けてつるつるするのだそうです。

そういえば30年前は石碑の目地をモルタルやセメントノロで仕上げていました。

素手でモルタルをつかんで仕事をすると後で手がつるつるしました。

セメントもアルカリ性なので同じ現象が起こります。

さて、話を作業工程にもどします。

文字の中などの頑固な汚れはペーパータオルに洗浄剤を染み込ませて押し込んでおきます。

そして工業用ラップで蒸発しないようにラップして一晩置きます。

明日はラップを外して高圧洗浄機で汚れを吹き飛ばします。

▲ PAGE TOP