トップページ > ブログ > お墓の点検清掃 > お盆前の点検清掃

お盆前の点検清掃

伊豆の墓石屋、鈴木です。
私ども鈴木石材店ではお墓の建立のお仕事をさせていただいたお客様に1年点検清掃サービスを実施しております。
私は、お客さまにとってお墓を造るという事は一生のうちにあるかないかの大仕事だと思っています。
そして、お墓はお客様の大切な方が眠る場所でもあります。
そんな大切な場所づくり(お墓づくり)を私どものような小さな墓石店を選んでいただいたお客様にどうしたら
『鈴木石材店でお墓をつくって本当によかった。』
と言っていただけるかという事を考えて8年前からはじめました。

昨年の7月に建立させて頂いた。飯塚様の墓所の点検清掃のようすをアップロードします。


点検・掃除前の飯塚家墓所


まずは落ち葉などを履き出します。


続いて、花立・香炉などを取り外し水洗いの準備をします。


普段見えない花立や香炉の下場には汚れがたまっているものです。


石碑の竿石をチェックしながら、丁寧に洗い流すと共に、柔らかいスポンジやタオルで汚れなどを落としていきます。


目地の部分に溜まった汚れは、細いブラシを使って掃除します。また、同時に目地の切れている部分はないかチェックしていきます。


鳥の糞などのガンコな汚れを「スクレーパー」という道具を使いそぎ落としていきます。


取り外した花立、香炉などもチェックしながら洗っていきます。


石碑の洗浄が終了したら、外柵も石碑同様しっかりとチェックしながらスポンジとブラシで汚れを落としていきます。


石碑の文字の中の汚れはブラシが届かないので小型の高圧洗浄機を使い落としていきます。


ブラシの届かない目地の隅も小型高圧洗浄機を使い汚れを落としていきます。


汚れがきれいになりスッキリしました。


お施主様御自身に仕上げて頂いた鉄平石の部分はデッキブラシを使い洗い流していきます。


最後の仕上げとして石碑に撥水剤かけ石碑をコーティングしていきます。


撥水剤でコーティングすることで水垢や汚れが付きにくくなります。

水性の撥水剤なのでジョロで水をかけながら墓地全体になじませます。
その後乾拭きをします。

点検清掃完了後、お仕事をさせて頂いた感謝の気持ちを込めまして、お墓参りをさせて頂き点検清掃の終了です。

▲ PAGE TOP